パイガオポーカー

パイガオポーカー


インターネット パイガオは、ポーカーから派生したカードゲームですが、ルールは通常のポーカーとはかなり異なります。 パイガオのオンラインゲームでは、プレイヤー同士ではなく、プレイヤーとディーラーが対戦します。 ほとんどのオンライン ポーカーでは、プレイヤーとディーラー、そしてプレイヤー同士が対戦するため、このオンライン ポーカーゲームにしかない特徴と言えます。 このゲーム形式のメリットのひとつは、1人と対戦するだけでゲームに勝てることです。



パイガオポーカーのルール

パイガオのルールは、簡単に覚えられます。 ディーラーが7枚のカードを配って、ゲームを開始します。 プレイヤーは、手持ちの7枚のカードを二組に分けます。 5枚のカードのハンドと2枚のカードのハンドがひとつずつ。 2枚のカードのハンドは、5枚のカードのハンドよりもランクが下である必要があります。プレイヤーが勝つためには、どちらのハンドもディーラーのハンドを負かさなければなりません。 プレイヤーがディーラーのハンドに一組だけ勝った場合、この勝負は引き分けとなり、勝者はいません。 プレイヤーのハンドの数字が二組ともディーラーのハンドと同じ場合、この勝負は引き分けとなりますが、ディーラーの勝ちとなります。

インターネット パイガオは、すべてのオンラインカジノやポーカーホールでプレイできるわけではないため、オンラインでプレイする場合は、パイガオ ポーカーとキーワードを入力し、絞込み検索を行ってください。 パイガオがプレイできるオンラインカジノが見つかったら、初心者はパイガオの公式ルールやカジノでのベッティングルールを詳しく調べ、パイガオのヒントや チュートリアルを参照してください。 また、プレイヤーがゲームの練習をするために、「フリーゲーム」パイガオ テーブルを用意しているサイトもあります。 これは、お金を賭けずにパイガオを覚えるのにうってつけの方法です。

 

パイゴウポーカーのプレーの仕方

バンキング

パイゴウポーカーでは、プレー ヤーが順番にバンカーになるオプションがあり、そのバンカー役のプレーヤーから始まります。バンカーは、他のすべてのプレーヤー相手にプレーし、ベットを 扱います。バンカーは、有利なポジションなので、できるだけバンカーポジションを利用するようにします。

 

ハンドのプレー

ベッ トを置き、それからプレーヤーは、全部で7枚のカードを、5枚のカードと2枚のカードに分け、2つのハンドをつくります。5枚カードのハンドは、2枚カー ドのハンドより、強いハンドにします。そうでないとハンドは違反になります。 プレーヤーが、ハンドを2つに分けたら、ディーラーがカードを表向きにします。

プレイヤーの両方のハンドとも、ディーラー(またはバン カー)のハンドより強ければ、プレーヤーの勝ちで、イーブンマネーがぺイアウトされますが、ハウスに5%のコミッションを払うことになります。ディーラー またはバンカーの両方のハンドが勝てば、プレーヤーの負けで、ベットを失います。スプリットの場合は、コピーハンド(全く同じ役のハンド)で、ディーラー またはバンカーが勝ちになります。

 

バンキングのメリット

バンカーとして、すべての金額がペイアウトされた後または徴収された後に、5%のコミッションを払う必要があります。基本的にバンカーは、5%を収めるために、ひとつのハンドではなく、複数のハンドでプレーすることができます。加えて、コピーハンドで勝つこともあります。

 

その他のパイゴウポーカーのルール

ライブカジノでのパイゴウポーカーでは、サイコロを振り、テーブルに投げるためのサイコロのカップが使われます。単にプレーがスタートする場所を決めるために使われ、ハンドに影響するものではありません。

パ イゴウポーカーでは、A2345は、通常エースハイストレートとなり、AKQJTを除いた他のストレートに勝つハンドです。パイゴウポーカーでは、53枚 カードのデックを使用します。その他にジョーカーがあり、エースの代わりに使え、ストレートやフラッシュの完成させるときに利用されます。

 

パイゴウ攻略のヒント

パイゴウポーカーをプレーすることは、スキルが左右するカードゲームのようにカードの心配をしなくて済むので、カジノ体験を十分楽しめます。

パイゴウポーカーでは、ディーラーに自分のカードを分けてもらうように頼むこともできます。重要なことは、自分のハンドがディーラーより強いかどうかです。パイゴウポーカーを最大限に楽しむ方法を、次に紹介します。

 

パイゴウポーカーのヒント1:コンプとボーナス

パイゴウポーカーは、とてもゆっくりと展開するゲームです。2組に分けたハンドで、ひとつのハンドでディーラーが勝ち、もう一方のハンドでバンカーが勝った場合は、勝者はなしです。

こ れは、コンプを集めるのには最適なパイゴウポーカのパターンです。カジノは、プレーヤーがいくら賭けたか、またはどのくらいの時間そのテーブルでプレーし ているかによって、プレーヤーをランク付けしています。パイゴウポーカーのテーブルに、適当なバンクロールをもって長時間プレーすると、大きなカジノの報 償がもらえる可能性があります。同様に、パイゴウポーカーをオンラインでプレーすると、ボーナスが獲得できます。

 

パイゴウポーカーのヒント2:ハウスウェイ

パイゴウポーカーは、ディーラーにヘルプを頼めるゲームです。これを大いに利用します。効果的にハンドを分けたいと思うなら、ます最初に自分でハンドを決めて、それからディーラーに頼み、必要に応じて訂正してもらうこともできます。

 

パイゴウポーカーのヒント3:バンキング

パイゴウポーカーでバンクになって、資金を全部バンクにベットできる可能性のある人は、バンクになることです。バンカーになることは、自分に対するハウスエッジを大幅に下げることができます。

 

パイ・ゴウ(パイガオ)攻略法

パイゴウポーカーは、7枚のカードが配られ、それを2つのポーカーハンドに分けます。一般のポーカーと同様に、5枚のカードを含む最初のハンド、そして残り2枚のカードのセカンドハンドです。

5枚のハンドは、2枚のハンドより強くなければいけません。

ディーラーもまた、7枚のカードを持ち、2つのハンドに分けます。どちらのハンドでもディーラーに勝った場合、プレイヤーの勝ちです。二つにカードを分けるときの、ベストな戦略はなんでしょう?可能性のある場合すべてに対応する攻略法をご説明します。

 

各パイ・ゴウハンドのプレイの仕方

ペアがない

一番強いカードを5枚のハンドに入れます(そうせざる負えません)。それから次に強い2枚のカードを2枚のハンドに置きます。

1ペア

ペアがあったら、常に5枚のハンドに入れます。強いカード2枚を2枚のハンドに入れます。

2ペア  

常にエースのペアおよび他ペアはスプリットします。

絵柄のペアと6以上のペアもスプリット。 6以下のペアが2組あれば、5枚のハンドの方に、この2ペアを入れます。

エース以外の他のペアをスプリット。それからエースは2枚のハンドに入れて、2つのペアは、5枚のハンドに置きます。 3ペア 3組のペアのうち、一番強いペアは、2枚のハンドに入れます。

スリー・オブ・ア・カインド

エース3枚以外は、常に5枚のハンドでプレイします。エースのペアは、5枚のハンドに入れ、エース一枚は2枚のハンドに入れます。

ストレートまたはフラッシュ

ストレートまたはフラッシュのみ:5枚のハンドに置きます。もし、6枚のストレートまたはフラッシュがきたら、一番強いカードを2枚のハンドに入れます。

ストレートまたはフラッシュ、およびペア:ペアを2枚のハンドに入れます.

2つのペアを含むストレートまたはフラッシュ:2ペアのルールを参照。

フルハウス

2のペアを除いて、常にスプリットします。または2枚のハンドでAKがプレイできるときは、スプリット。

フォー・オブ・ア・カインド

2から6:5枚のハンドに入れてプレイします。

7から10:2枚のハンドの、エース1枚と絵柄1枚でプレイできなければ、スプリット。 ジャックからキング:スプリット、10以上のペアがない場合を除く。 ストレートフラッシュ ストレートフラッシュのみ:5枚のハンドに入れます。 10より上の2組のペアを含むストレートフラッシュ:スプリット。エースのペア、または他のペアもスプリット。 2ペアとエースのストレートフラッシュ:2ペアを5枚のハンドに入れ、エースを2枚のハンドに入れます。

もし、2枚のハンドに絵柄カードまたはエースを置けるときは、5枚のハンドのストレートまたはフラッシュで勝負します。

ロイヤルフラッシュ

ロイヤルフラッシュのみ:5枚のハンドでプレイします。 2ペアを含むロイヤルフラッシュ:2ペアのルールを参照ください。 2枚のハンドに、1つのペアを置く、5枚のハンドにストレートまたはフラッシュをキープする:スプリット。

5エース

スプリット、2枚のハンドのキングで勝負できる場合を除く。

 

パイ・ゴウ(パイガオ)用語集

この記事内から地上およびオンライン・パイ・ゴウで使われる最も一般的な用語と分析を見つけることができます。

 

バンカー -  バンカーは、パイゴンのポーカーゲームにおけるプレイヤーの対戦相手のこと。

コーバンキング - プレイヤーおよびハウスが、バンクを50/50パーセントで持つ、いくつかのカジノ(すべてのカジノが対象にならない)で、可能なオプション。

コピー -  タイとも呼ばれる。プレイヤーとバンカーのハンドが、同じ場合、バンカーの勝ちとなる。

ドラゴンハンド - テーブルの空席に配られるハンド。カジノによっては、ひとりのプレイヤーが、ドラゴンハンドをピックでき、そのプレイヤー自身のカードとしてプレイできる。

フラッシュ -  スペード、ハート、クラブまたはダイヤの同じ組札の5枚のカードが揃ったハンド:すべての組札の価値は同じ。

フォー・オブ・ア・カインド -  同じ価値の4枚のカードが揃ったハンド。

フルハウス-  同じ価値のカード3枚とその他に異なる価値(または同じ価値)のカード2枚が揃ったハンド。

ハンドビハインド - パイゴウで配られるカードを二つに分け、うち高い価値の5枚のカードのことで、低い価値の2枚のカードをその後ろに置くこと。

ハンドインフロント - 同様に分けた価値の高い2カードのハンドことで、5枚のカードのハンドより前に置くこと。

ハイカード - ペアまたはそれ以上が揃ったポーカーハンドのプレイヤーがいない場合、残りのカード中で、一番高いカード、またはカードの連続したナンバーで、勝者を決めること。

ハイハンド -  「ハンドビハインド」と同じ。上記参照。

ハウスウェイ -  ディーラーによってあらかじめ決められた、ハンドを配るときの戦略。

ジョーカー - パイゴウでは「ワイルドキャット」として使われるカードのこと。ストレート、フラッシュまたはストレートフラッシュか揃ったときに使うことができる。この方法で使えないときは、自動的にエースとして使われる。

ローハンド -  「ハンドインフロント」と同じ。上記参照。

ペア -  同じ価値の2枚のカードが揃ったハンド。

ロイヤルフラッシュ -  ポーカーの最高のハンド。スペード、ダイヤ、ハートまたはクラブの同じ組札のA-K-Q-J-T。

ストレート - 5枚カードのランクが連続して揃ったハンド。9-8-7-6-5などでランクの組札は揃って無くてもよい。

ストレートフラッシュ -  同じ組札で5枚のランクが連続で揃ったハンド。すべてがハートの9-8-7-6-5など。

スリー・オブ・ア・カインド -  同じ価値の3枚のカードが揃ったハンド。 2ペア- 2組の同じ価値のペアが揃ったハンド。

ワイルドキャット -  ジョーカーの別称。上記参照。