オンラインギャンブルの心理学

オンラインギャンブルの心理学

掲載日 28/07/16 - CasinoToplists カジノ関連記事

ギャンブルは、運がすべてと信じている人はいないと思いますが、最後に大きく勝てれば、結局はその運が一番の要因だったと言えます。才能のある世界クラスのプレイヤーが、すべてのハンドを間違いなく動かしたとしても、幸運の女神を逃すこともあります。

 

ギャンブルに至っては、運はすべてではありません。心理的な作用が働いています。

では、オンラインギャンブルにおける心理学とは何でしょう?

ギャンブルにおける心理学は、科学心理学と応用心理学の2つに分かれます。

 

科学と心理学:二重性

心 理学的に見て、ギャンブルは、人間にとってどんな意味があるかについて、2つの一般概念があります。ギャンブルは悪、異常行動とするものと、ギャンブルは 人間行動が自然に発展したものとする2つです。ギャンブルを悪いものとして捉える人の方が一般的です。違法行為のように見なされています。

こ の人々は、リスクのあるものを受け入れないという、型にはまった世界概念に縛られ、もっと誠実であろうとします。お金は銀行に預金し、実質はギャンブルと 同じ要素の株式市場を含む、リスクの高い投資には手を出しません。この人々は本能的な行動に出ることはなく、ギャンブルは、コントロールできない病理学上 の病と見る傾向にあり、さらにギャンブラーを気の毒に思い、病人だというレッテルを貼ります。

ギャンブルは、それぞれの生き方が自然に発展 したものと考える人は、ギャンブルは、理性と本能が進展したものとして考える傾向にあり、誤って指導された結果取った行為または病気とは捉えません。この 人々は、ギャンブルは、娯楽の健康的な形体と考えます。エンターテイメントと考える人もいます。ギャンブラーは、負け知らずで、ギャンブルにおぼれること もないと言ってるわけではなく、ただギャンブルは、人生を生きる上で、自然に生まれたひとつの流れと考えているのです。   

これには、間違った答えも、正解もありません。誰かに判断されるものでもありません。要約すると、人が生きるために選択する基本的な基盤となる路ということになります。

 

応用:感情をコントロールする。

ギャ ンブルには、感情をコントロールできないと言っている余地はありません。感情のコントロールを失うと、プレイヤーは混乱し、知的プレイヤーとして必要な適 切な物の見方ができなくなります。勝っているギャンブラーには、タイミングを読む勘の鋭さがあり、彼らは、プレイするタイミング、そして引き際を知ってい ます。賢いギャンブラーは、いちかばちか賭けてみる、ということはしません。

もちろん、ギャンブルが負けに傾いているときには、感情をコン トロールすることは非常に難しく、アップダウンが激しすぎたり、危機一髪の状況が多すぎると、感情的になってしまうことがあります。感情的になることは、 自然なことですが、その感情を引きずらないようにします。次のハンドに感情を持ち込まないようにします。ストレス、不安、憎しみ、怒りを発散する方法を見 つけます。テーブルを離れてから、その怒りを思い出して見ることです。