ブラックジャック・カード・カウンティング -MITから学んだこと


ギャンブルの世界に詳しい人にとって、状況を操る個人の信じられない話やハウスを負かすシナリオは、伝説になっています。このうちの話の一つは、優秀なMITの学生達による専門的な計画とその実現話に焦点をあてています。

ゲームの理解を深め、カジノが現在の方法でテーブルを設置した理由をもっと知りたいなら、Ben Mezrich のBringing Down the Houseと言う本を強くお勧めします。この本は、システムがどのように開発され、いかにパーフェクトに作動するかについて詳しく書かれています。

初 心者の中に、ブラックジャックを上手くプレイするために、カード カウンティングを提案する人がいますが、現在のプレイには、実質的に不可能なのが真実で す。私設カジノは、これに対して厳しい規則があり、その可能性を退けるためにあらゆることを行なうでしょう。24枚のエース(1デックにつき4枚×6デッ クのシャッフル)をカウントすることは、難しくないでしょう。しかし、継続的に自動シャッフルで行われるとき、カウントすることは、不可能です。

シングル デックでプレイしているときに、ハンドが終了した後に毎回シャッフルすることを想像してみてください。すべてのエースとハイカードは、常に有効です。考え てみると、テーブルのカードに注目することは簡単です。テーブルに2枚か3枚のカードがあったら、312枚のカードの束から、何枚かを待って、推測するこ とができます。

スタンダードな手法ではなく、どのカジノでも使えるスタイルではありませんが、似たような方法で実行されているものもあることを覚えておい てください。MITの研究結果、カジノがどのようにカードカウンティングチームの課題に取り組むかを知るために、MITの基本戦略と、カウンティングチー ムがいかにハウスを利用するかを見てみましょう。

4人のチームのそれぞれの個人が指定された重要な役割を果たします。バックポッターは、 チームの壁の花としての役割を果たし、ゲームを観察し、カードカウントを継続して行いなす。常に一定したビジュアル コミュニケーションを通し、この個人 が的確な方向にチームメイトを導きます。次にスポッターは、テーブルの装飾的な役割があり、ボディガードの配置と情報および指示を共有しながら、あまりよ くないベットをします。

この個人は、ゲリラ兵スタイルでプレイし、高額でベットし、ヒットしていたら退去します。一定してチームメイトから合図をもらい、 カードの勝率は常に高いのですが、これは上手くカウントされているからです。最後にビッグプレイヤーは、カードカウントし、チームメイトから合図をもらっ てビッグハンドで勝負にでます。

彼らはそれぞれベストを尽くしました。しかし、獲得金の問題がでないように、結果的に別々の戦略に出ただけのことです。これはカードカウンティングチーム の方法論で、どう作動するかを見極める方法です。違法行為でしょうか?合法の範囲ですが、カジノがこの行為に対するルールを作るかは、本質的には「はい」 です。しかし、欲を出しすぎず賢く、自分だけでするのであれば、カードカウンティングは、多くのゲームにいい結果を出すことができます。どうしても試して みたいのであれば、個人で努力してみることです。