バカラ

バカラ


インターネットバカラは、人気が高まっているオンラインカジノゲームです。 バカラのルールには、一見複雑で厳格なガイドラインがありますが、実際は簡単にバカラを覚えることができます。 全くの初心者の場合は、バカラのルールを覚える必要すらありません。 ディーラーとプレイヤーのアクションがあらかじめ決められているため、ハンドの開始前に賭けをするだけで結構です。



バカラのルール

ただし、お金を賭けているときは、ルールを知っておいた方が良いでしょう。 バカラの公式ルールは、ほとんどのオンラインカジノやバカラ専用のサイトで検索できます。 インターネット バカラに関するその他の情報や説明については、オンライン ギャンブルやゲーム専用のオンライン サイトや雑誌で検索できます。 これらのサイトでは、攻略法やさまざまなカジノ ゲームの遊び方のヒントを提供しており、バカラの遊び方を覚えるための貴重な情報源です。

バカラの遊び方

バカラは、バンカー(カジノ)またはプレイヤーのどちらが勝つかを当てるゲームです。 さらに、バカラ テーブルの周りに集まった14人までの人が、バンカーまたはプレイヤーのどちらが勝つかを賭けることができます。

バカラの勝敗は、配られたカードを合計した下一桁が9に近い方が勝ちになります。 下一桁が9を超えることはありません。 プレイヤー(またはバンカー)のカードの合計が10以上の場合は、累計から10を引きます。

バカラでのカードの数字: エース = 1、 2~9 = 絵札の数、 10~キング = 0。 例えば、4-Dのハンドの合計は4(4+0)となり、8-7の合計は5(8+7=15。 15-10=5)となります。

 

上記のとおり、バカラでは、厳格な手順に従います。 バカラ ゲームの開始時には、バンカーもプレイヤーも2枚のカードが裏向きに配られます。 プレイヤーかバンカーの最初の2枚のカードの合計が8か9(ナチュラルと呼びます)の場合は、ハンドを表に向けて、9に近い手が勝ちとなります。 プレイヤーとバンカーのカードが同じ数字であれば引き分けとなり、ベットはプレイヤー戻されます。

最初の2枚でどちらにもナチュラル(8か9)が出なかった場合は、プレイヤーのカードの合計に応じてゲームの展開が決まります。 プレイヤーのカードの合計が6か7の場合は、3枚目は引きません(スタンド)。 プレイヤーのカードの合計が6、7以外の場合は、3枚目を引かなければなりません。

この次はバンカーの順番です。 バンカーの2枚のカードの合計と、プレイヤーの3枚目のカードの数に応じて、バンカーが3枚目を引くかどうかが決まります。 バンカーのカードの合計が7の場合は、3枚目は引きません(スタンド)。 バンカーのカードの合計が6で、プレイヤーの3枚目のカードが6か7の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。 バンカーのカードの合計が5で、プレイヤーの3枚目のカードが4~7の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。 バンカーのカードの合計が4で、プレイヤーの3枚目のカードが2~7の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。 バンカーのカードの合計が3で、プレイヤーの3枚目のカードが8以外の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。 バンカーのカードの合計が2以下の場合は、プレイヤーの3枚目のカードに関わらず、バンカーは3枚目のカードを引きます。

バンカーは、3枚目のカードを引いてからカードをひっくり返します。持ちカードの合計が9に近い方が、勝ちとなります。

 

インターネット バカラのメリット

インターネット バカラは、オンラインプレイヤーにとって複数のメリットがあります。 先ず、オンラインバカラ サイトでは、プレイヤーに多額のボーナスやコンピュータ プログラムを提供しています。 次に、オンラインバカラ サイトでは、ゲームや得点の記録方法の無料チュートリアルを提供しています。 また、多くのオンラインバカラ サイトでは、プレイヤーがこの伝統的なゲームを試すことのできる、「フリーゲーム」バカラ テーブルを用意しています。

 

バカラ攻略の重要なヒント

バカラを初めてプレーする人にとって、このゲームは少し恐ろしいように思えるかもしれません。そう思わせるようにデザインされているのですが、ゲームは至って簡単です。

バカラを最大限に楽しむために心に留めておいていただきたい基本的なヒントをここに紹介します。

 

重要なバカラのヒント1:タイには賭けない

バ カラでは、プレーヤー、バンカーまたはタイのいずれかにベットします。バンカーベットの勝率が、少しばかり高いのですが、「自分の」ハンドにベットするこ とを好むプレーヤーもいます。プレーヤーは、タイにはベットしないことです。このベットの勝率は、魅力的で、7:1、場合によっては8:1ということもあ ります。しかし、ハウスエッジが14%以上と非常に高く、約1%のプレーヤーまたはバンカーベットが比べると非常に高く設定されています。

 

重要なバカラのヒント2:コミッションの記録を取る

バ ンカーベットに賭けて勝つと、プレーヤーはカジノに5%のコミッションを払わなければなりません。ライブカジノでは、ディーラーがコミッションの記録を 取っており、シューの最後またはプレーヤーがテーブルを離れるときに、コミッションが徴収されます。自分でも、コミッションをいくら払わなければいけない かの記録を取り、それを払う十分な金額を残してプレーすることです。

 

重要なバカラのヒント3:傾向に左右されない

カ ジノは、バンカーまたはプレーヤーの勝敗の傾向を記録できるシートを提供します。この傾向は、次のハンドに、適応させることはできません。そうしたいのな ら傾向に従うこともできますが、次はこちらが勝つに違いないと期待して、どちらかにベットするか決めても、勝率は上がりません。

 

バカラをするときのマネー管理

バカラゲームのマネー管理は、特にバカラが初めてのプレイヤーには難しいかもしれません。宣伝によくあるベッティングシステムは、このカジノゲームには、あまり適応しないからです。

このため、新規のバカラプレイヤーは、初めて参加する時は、慎重にプレイする必要があります。そして多様なマネー管理戦略を試し、どれが適しているかを見極めます。

 

ポケット トリック

バ カラプレイヤーがよく使う最初のマネー管理のトリックは、プレイに使うお金を、ひとつのポケットに入れておいて、儲けたお金をもう一方のポケットに入れま す。このマネー管理戦略を応用して、プレイするチップを片方のポケットに入れてゲームを始め、このポケットに入っているチップだけを使って、ベットしま す。このポケットが空になったら、その日は、そのテーブルを離れます。または、一度休憩して、ベット戦略を再検討します。バカラのラウンドで勝ったら、全 額または少なくともその一部を、もう一方のポケットに入れます。バカラをプレイしている間は、そのチップは使いません。この方法で、チップを分けること は、バンクロールに使いすぎてしまう可能性が減り、少なくとも数ドルを残してカジノを後にするチャンスが増えます。

 

予算システム

他 に新規のバカラプレイヤーがマネー管理できる方法は、ギャンブルに使うお金の予算を立てることで、いくらだったら負けてもいい、どのぐらいの時間だったら プレイできる、一時間にどのぐらい賭けたいかを考慮に入れます。プレイヤーのバカラ予算の上限は、プレイヤーがその日に賭けたい金額にし、最低限の予算 は、カジノが設定するベッティングリミットの最低額に、プレイヤーがその晩にプレイしたいゲームの数を掛けた額にします。

1時間ごとにプレイしたい金額に合わせて予算を立てることに加え、ゲーム計画を立てることも重要です。この計画は、プレイヤーが1時間ごとに参加したいバカラのゲーム数と、参加しないゲームの数によって決めます。

こ の計画は、バカラをプレイした後、または休憩無しに長時間に渡り他のカジノゲームをした後に起こりやすい、強迫観念でのギャンブルに発展させないために活 用されるものです。もし何も考えずにベットしていると気が付いたら、これは、戦略的にではなく、強迫観念によってギャンブルしているサインです。

強迫観念でギャンブルすることは、予算を無視し、数分のうちにその日の持ち金をすべて費やす結果となり、また常識が無視されるので、負けて大丈夫な金額を超えてギャンブルする結果になります。

 

結論

バ カラは、マネー管理ができれば、他のカジノゲームと全く同じです。適切にマネー管理を行い、賭け金とその賭け方をコントロールすることが必要です。これを 成し遂げるためには、各自にあったマネー管理システムを確立することが必要です。ポケットトリックのようないくつかの秘訣がありますが、各自にあったマ ネー管理システムに従って、まず予算を立て、それを守りオーバーしないようにすることです。